詩のブログ


by soratokinokakera

琥珀色の雨


e0365964_18424892.jpg


いつもの道を通って

変わらない

代われない

いつもの場所に着くだろう


いつも

朝のような

朝はやってくるように


音速の谷を渡る

過去からの波音


夜の雨音は

硝子の瞳で輝く


横断歩道に

点灯するシグナルの誤訳

内燃機関の暴走

読みを裏切られる

そぶりの中で

軽い肌触りの挨拶から目ざめ

みしらぬ土地の今日は始まる

届けられるであろう光速の風と共に


後ろ姿の太陽に焼かれて

砂の器の上に眠る積乱雲


空白の海を埋める

琥珀色の化石が降り始めた



# by soratokinokakera | 2017-08-20 18:43 | | Comments(0)

遠い血




小さな嘘は胸の奥で

偶然と瞬間を彩り続け

小綺麗で淫らな正義の仮面を今日も

密かに撫でまわしているのだ

あらゆる ひとりを

演じ続ける舞台の影たちは

咲き狂う瞳孔に曝された貝殻のなかで

幻の声を響かせている


汚れた風に運ばれた空模様ばかりが選ばれて 

蚤の住む辺境の地にまで

招かれもせずに

その空はやってくる

自由と平等の名のもとに

エメラルドの砂漠をつくると言う

ああ 黄金のどぶ川にのみ込まれ

あらゆるダンスのスッテップを刻んだ

脚を見るうちに

思いは離れ流されていく

酔いつぶれた たとえ話と添い寝して

いくつもの夢を脱がしていく


無言の境界線を手放すことは無いのか

遠くからやってくる言葉と繫がるとしても



# by soratokinokakera | 2017-07-29 17:17 | | Comments(0)

透明な



e0365964_21195879.jpg

ひとつの帰り道を

外れていく 視線を追う

違いが見えながら 追うように

同じに思える ひとつもあり

この空の下では同じように

傷を負い 傷つけられて

送られてくる声は 傷つける

深い海の色の中で仄かな

呼吸のような点滅 深く

作られているように見える 透明な罪


架空の土を積み上げた土地の上に

いくつもの根を 埋め 増殖して

日々更新されていく

だろう つなぎ目の上を

通り過ぎる音が

チクチクと

後頭部へと抜けていく


晴れやかじゃないかと

曇る硝子窓の下で

乾燥した挨拶をいつものように交わしているではないか

どこで なにが 変わったのか いつ

弾かれるばかりの鏡面に囲まれて

眠りながら

のみ込まれていく


柔らかなクッションの上で

落ち着きを失った平衡

樹間に浮かぶ 休日の晴れ姿

目の前にはシャボン玉の笑顔

名札が 剝離して

暗号化された皮膚の内側で

巡り会うように

操られた軌道

甘い背景の暗い唇からの伝言

漂白された真実の駅で降りて

夏はひらいたヒマワリの目だ






# by soratokinokakera | 2017-07-16 14:57 | | Comments(0)

夜の越境

e0365964_21202432.jpg

夜は越境を繰り返す

遠く置き去りにした瞬間に

熱い 感触を刻んで

疾走する朝を飲み込む

夜を 深く

感情の嵐に沈め

隣人の手はもう其処まで届いているのだが


目に飛び込んでくる

破れた色彩

霧に覆われた鏡の前で

手触りを失った

新鮮な輪郭

目の動きは

解読の迷路を描く

翼のない天使たちによって

街は化粧を落とされ

二重の輪郭線を引くまでになった

踏み外すことのない

幻の不毛

温かな食事の匂いに囲まれた

鮮やかなコピー


波の重なりが

遠い空気を運んでくる

震えは

一瞬を切り裂いて

手のひらに

時の感触を刻んでいく

昨日の熱は

過ぎ去った風が拭き取る

背中を押す 錘の暗さ

離れていく身体の背中を視ながら

心の扉を背中で閉じていく







# by soratokinokakera | 2017-07-01 15:20 | | Comments(0)

華やかな地図

e0365964_15262198.jpg




白日夢が広げる地図

促される 歩行の先

綻ぶ 過熱する約束から

火に掛けられた言葉

刻まれた 下弦の月に黄金の矢

足枷を解く月明かりが降る

新鮮な空白

蒼の陰の在る白

ゆがんだ窓に掛けられた

泥で作られた深い夜の人形

心の燠火

焼かれていく春の影

月の裏側に蒔かれている

眠気混じりの背中が

往き来する街

錆びた罅は走ることで

空気の抜けた心の飾り窓を

華やかな地図でみたす

触れようとすれば

異なる名を呼びながら

翼の無い鳥たちの

仕掛けられた願いを歌う

影の従僕よ

今 眠気覚ましの扉を

ぼくは 透明な壁に

溶けていくように 描いている



# by soratokinokakera | 2017-06-18 17:49 | | Comments(0)