詩のブログ


by soratokinokakera

琥珀色の雨


e0365964_18424892.jpg


いつもの道を通って

変わらない

代われない

いつもの場所に着くだろう


いつも

朝のような

朝はやってくるように


音速の谷を渡る

過去からの波音


夜の雨音は

硝子の瞳で輝く


横断歩道に

点灯するシグナルの誤訳

内燃機関の暴走

読みを裏切られる

そぶりの中で

軽い肌触りの挨拶から目ざめ

みしらぬ土地の今日は始まる

届けられるであろう光速の風と共に


後ろ姿の太陽に焼かれて

砂の器の上に眠る積乱雲


空白の海を埋める

琥珀色の化石が降り始めた



トラックバックURL : https://mykakera.exblog.jp/tb/25993271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by soratokinokakera | 2017-08-20 18:43 | | Trackback | Comments(0)