瞼の彩り

e0365964_16260104.jpg



さむく しびれフル 剥がれた冬に雨

の、裂かれた 音 切 ハシる

霞のカベ ぬけて

空っぽになった そら

眠り つめたい指先の とらわれ ヒト


    闇の しずけさ

    追う かがり火


駈け 追われるように 走る

風は失われ

影を招き入れる回転扉

呼吸を読み はじめたのか、、、

瞼の おもて と うら 


波の音は砂絵をぬらし

空を染める 海を揺らす


目ざめの匂いを

掬いあげて

蒔かれた種は行先不明


謎のトキに耕されて

無人の改札を抜けた


動かそうとした右手は

化石の重い時に触れ

許される こと ハガして

仮面の王国

等しく忘れ 棄てられた

遠い企てに曳かれて

自画像を拾い上げる


手の感触が広がる前に

晴れた 原色の 空に

瞳を打ち上げる




トラックバックURL : https://mykakera.exblog.jp/tb/26365073
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by soratokinokakera | 2017-12-29 17:09 | | Trackback | Comments(0)