ちいさな扉

e0365964_15293262.jpg


イルミネーションの中で季節は変節を、
   ココロ ミィル
イミ ふかく か、 風の音
その瞬間にアタッテ、僕の時間は空の中で
溶けていくような乳白色となる
、朝 、
に、ホドカレテ 、
東の雲からネジを巻き始める
鳥、飛び、はじめた点滅する信号機の上で。

観つづけていたのか
遠くの子供たち
アクアマリンの瞳に
海月のうつろう
物語のつきあかり、、、

舞台の呼吸に灯る
細胞と細胞のあいだで
重なる手の音色
燠火の揺らめきのうえで
打ち続ける、、手、、

鳥の飛べない空の下
ムジンの駅に繫がる
どこにも繫がらない
回送電車
飛べない鳥の空の下
ムジンの駅への脅え
どこにでも繫がって

観つづけているのか
   白色矮星
すべてをのみこんで。



e0365964_15260013.jpg



トラックバックURL : https://mykakera.exblog.jp/tb/27697126
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by soratokinokakera | 2018-12-04 15:33 | | Trackback | Comments(0)