テーブルの上で

e0365964_21480041.jpeg


反復する
昨日の名付け親が通り過ぎる
午後は黄昏に染まるのか

低く走り抜ける既視感の季節
不完全な幼児の足音へ
同化していくように落ち葉のふるえ

叫びに似た躍動へのバネとなる
すり抜ける気配の
観念的な樹木を愛して

回送の時間に腰掛けるカフェに
探しあぐねて眠りにつくような
瞳を重ねる満月のテーブルに
カードのように言葉をならべてみる


e0365964_21491648.jpeg




トラックバックURL : https://mykakera.exblog.jp/tb/27752182
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by soratokinokakera | 2018-12-21 21:54 | | Trackback | Comments(0)