予感

e0365964_15344533.jpg


冷たさの階段をのぼり
かくされた ともしびは
記憶の街を覆う雨

土の匂いのからみつく足音
爪弾く
雨音の気配と街路樹の佇む胸の中で
行き場のない重力はゆがんだタイヤを回す
リズムに燃える時の落葉
拾いかけて捨ててしまう
気配は行きかう 広場を失った土地の上で

時を流し込む器に灰色の空がふる

乾いた指先
硝子越しに暖め合う
気配を背中に乗せた
時の重ね着
おもい瞼 軽い空との間で
飛び始めた鳥は最果てに
この今を曳いていく
ふと 流れていた時の音に
振り向くいくつのも風の中の季節
仮面の中に隠されていた
焦点のあわない
無縁の絆に触れあう木漏れ日
朝は 静かだ


e0365964_15383805.jpg


トラックバックURL : https://mykakera.exblog.jp/tb/27755998
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by soratokinokakera | 2018-12-24 15:39 | | Trackback | Comments(0)