<   2017年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

食卓

翼は朝に染まる空の中で
風を切る
乾いた隙間から流れ出し
時間の谷を降りて 
霞の深さに届く 食卓

時の痕跡に触れる祈り 
胸の奥に
凭れる 空は
静かな色付き 
動かない手と 太陽の憂鬱

広げられた食卓の上に
空から降りてくる経糸
碇の早鐘を打つ海の眠りを
届けるのは踊る少女の長い手


燃える砂浜を描く地図を片手に
砂絵の上を旅する
東からの影
背中の歩行を
飾り窓の中から眺め
なだらかな稜線が重なる
炎陽の失意を
転がしていく 自動人形
躓く人形時代を片手に
地中に埋もれたステーションから
未知の雲と空を眺める 食卓

街の朝に弾けた光が窓という窓を
複写しながら
昨日やり過ごした時間
流れていく雲
追いつかない 眠り
離ればなれの時間の焦点が
食卓の上に掛かる
システムの河を巡り
冷たい伝動の歯車は 祈りのよう

螺旋は
朝を立ち上げていく朝顔のつる
虫かごの中の
メリーゴーランド
起き上がる青い空
真夜中の酵母を過剰に包み込んで
焼き上がったパンが
食卓を飾る
水の惑星群に
乾杯だ


記憶の底から痺れるような香り
洗われた波の先に触れて
川を昇っていく
触れる混沌と鼓動
に、 
振り返る
散れる
後ろ姿の雄弁な樹陰を渡って
深い緑の風を切る
いくつのもカーブを抜ける
風、束ねられた
朝から零れる光の感触を
解き放つのは
夢の中から躍り出る
祭りを流すスクリーン

右岸の片隅左岸の片隅
開いては閉じる
幾つものイロに焼ける
炎陽の眸
夏の果実酒に酔い
ゆらめく蝶の眸は
河に架かる橋を
面影は渡り
螺旋を巡る

蟻と天道虫を想う
鋭利な感情が羽ばたく

化石の森は
空を切る
空が歪む 地が崩れ
化石は火を灯しはじめる
甘い海岸線を 徒
転がっていく
火の化石を飲み干す
機関の感応は叫びをつり上げ
無垢の波に洗われた
曲線に触れて
我を忘れて
我を想う

水の惑星群に
乾杯だ


e0365964_18355875.jpg








by soratokinokakera | 2017-02-18 18:59 | ひかり ことばの 影 | Trackback | Comments(0)

空の昊へ 宙

乾いた皮膚の上を、

歯車は回る
強く 線は 広く 荒地を生む
波音と共に 乾いた砂漠に引かれていく、

海 の 痕跡
乾くように水を飲む
こぼれていく朝のぬくもり 目覚
移りゆく 秋(とき)は、
畳まれた声を聞くことで
宙への隙間を広げていく

今日もまた、
見ることの証を
闇に灯を
問う事と 問われた事の
剥がれ落ちる前に
朝の挨拶を 鉱石は拾い
言の葉を色づかせていく
太陽からの音信を読む

奔放の街
篩にかけられた清潔な解
纏わり付く絆の名を背負い
珈琲の味のかけらさえ
影の記憶から消されていく
宙を描く水平線に
触れてみる







by soratokinokakera | 2017-02-18 18:42 | | Trackback | Comments(0)

坂道

固まる 風が 梢を打つ
音がころがる坂道で 冬と出合う
視線の先に 辷る 鏡の中で光は
影の道で 煤けた呼びかけの
足音が溢れ あらゆる音が死んでいく
蹲る想いを沈ましていく
傷跡の笑顔は 

    満たされているんだ

黄金の輝きに
錆びた体液が駈けのぼり
篩いにかけられた
透明な果実が並ぶテーブルで
空の青に 新しいブルーを差す




e0365964_07204777.jpg


by soratokinokakera | 2017-02-06 05:23 | ひかり ことばの 影 | Trackback | Comments(0)

Dande Lion

雨にうたれて
夢の岸辺にまどろむ
光のトライアングル 
洗われた街
木陰であそぶ 太陽の子供達
雨の思い出に浸る梢
あなたは 空に融けこむブルーを 優雅に纏い
形にならない 形を巡ることば達を
コンクリートの谷間に咲く ダンディライオンに捧る
春の風は震えて
想いは 重さを 脱ぎ捨て
白い 綿毛 綿雲となって 白雨のあと
時の川を渡っていく




    



e0365964_18354175.jpg











by soratokinokakera | 2017-02-04 11:07 | | Trackback | Comments(0)

夢の果実

記憶を震わす香りは
夢の 果実に触れ
罅割れた皮膚から 
記憶の風がやってくる

音にならない 豊かな 時の音色が連なり
子供達の 言葉にならない 景色の重なりが
虹を生む

二重奏が終わる頃
夕暮れは瞼を降ろし
透明な雨がふる街は 冷たい
薔薇の香りが沈む 飾り窓に囲まれた眠りへと
落ちてゆく

物の怪もとりつかぬ 言葉が 霞のように手のひらから こぼれ
華やいだ 蛍光色の足取り
崩れていく階段を 駆けのぼる
螺旋状の 情感  操り  流されて

一瞬

永遠の岸辺に よこたわる
静けさと 瞑想のうちに 時を待つことにしよう




e0365964_18355403.jpg






by soratokinokakera | 2017-02-04 10:57 | 言葉の森へ | Trackback | Comments(0)

時の重さを量るように

エレベーターの中で

年はとりたくないわね 体のあちこちが痛くなってくるし
若い人は良いわね   と
年配の女性はポツリ  と

エレベーターに乗るとき、近くのグランドから若人の力強い声が
弾けるように通り過ぎていくのを、懐かしい時の流れに身を浸すように
この女性は佇んでいた

僕のほかには誰も乗っていない
独り言でもなく 語りかけるでもなく
深い森の奥からやってくるような 声で

どのように応えたらよいのか
もし 彼女が微笑みながら僕の方を見て言ったのならば
たぶん 何通りかの 応答ができた と おもう
でも その時は 出てきたことばを 否 否 否 と
砕くことしかできなかった


ぽつり ぽつり と 雨が ゆっくり、、、、、

彼女の心の中にある時の欠片たちは
深い眠りのなかに
それとも、、、、






e0365964_18353930.jpg



雨 降る 夜  
冷たくもなく 暖かくもなく
あの時 あなたが 僕の目の前にあらわれることなく
命を枯らすこととなるあの果実を
夜の雨のなかに置き去りにしたならば

いま 
雨 降る 朝
窓の外の景色は全く違った世界の言葉に満ちていたはず

あの果実は 
時の欠片となり、、、、



e0365964_18353902.jpg




街にはいくつもの川が流れていて
流れ着いた果実を手にして
物語の扉を開き
歩いてゆく



e0365964_18353942.jpg


ひとけのない みちで
ゆめをさかす はなと
であう






by soratokinokakera | 2017-02-01 05:40 | 時の回廊 | Trackback | Comments(0)