<   2018年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

e0365964_07083401.jpg


軒下の砂時計

洋々と砂嵐

風に迷い子の紋様

傾きを保つ砂上の難破船


一筆と一筆の

連続と分断音速の幻に咲く花

すきま かぜの なかに

根を張る植物群


漂着と衣擦れの音を

風が運んでいく

沸き立つ化石達の囁き

体温と視線との距離を枯れ木の肌から問う

流れているはず

ふと

空を見下ろす

水色の飛び散る 鉱石群

震える音色の波紋が 泡だつ

まれに 声は

空を砕く


示された 心音のぬくもり

吠える憂鬱は 雑踏を離れ

閉じられた瞼のうえで

ほころびはじめた


月の裏側に置き去りにされた影の夢





by soratokinokakera | 2018-09-29 17:27 | | Trackback | Comments(0)

水底の朝

e0365964_18315856.jpg




無の意識
ヨルは
呼吸を縛り
夢の解体
命の開放へと
過剰に は し る。

花の光は裏窓から香る。

新たなる嗅覚
ショッピングモールと意識下の
飾り窓は
親密な盲点をつなぎ合わせて 
靄を包む硝子玉の薫りを滲ませる。

沸き立つ記憶の結晶体
追われては 捨てられた
時代を纏う
調律された言葉
月が打ち降らす無調の波に砕け
気圧にゆがむ視界は
呼吸の鼓動から離れ
ヒカラビた
枯れ枝の揺り籠の中で飽和する。

綻びを引き寄せて
果実の輪郭線を歌う
時を宿す種と
純白の根は風になり
影が生まれたと
窓辺に に 置く

地の奥に刻まれた 海と出会う祭りを巡る
影も光もない水底の雪降る朝に。




by soratokinokakera | 2018-09-24 18:32 | | Trackback | Comments(0)

夜の街から

e0365964_19390497.jpg


白い磁器の眠りへと
感情の境界を刻む
記憶に濡れた
はぐれ人が降る街の
遊歩

月と海との会話は
皮膚の細胞を震わし
共鳴の誕生を促す、その
キザシとして
イタむ、色、
海は月のかけらを拾う
瞼のリズムと
想いの点滅を
呼吸の旋律から
見ること、
謎の中心 ハナタレた
狂った方位
暖かな鼓動の誘惑曳く
波紋

北の風と出会う 時が迫ってくる
不在証明に追われる
狂った体内時計
IDカードから零れる逃亡者の雲
繋がろうする鏡の前で
跳躍を繰り返す
沸騰する液状の夢

森の掟をみたす
白い磁器の眠りは
見えることのない
遠近法の扉を描く




by soratokinokakera | 2018-09-17 04:11 | | Trackback | Comments(0)

暗示

e0365964_17182180.jpeg




消された 朝
   地平線を つま弾く
乾いた 夜の流木、
光の屈折を束ねた岬
眠りの漂着物をはぎ取る
鉄の瞳孔、
寝返りを打つ明日の雨に打たれて
今日の約束と別れていく
旅人の失われた船が浮かぶ
十字路
予言者たちのカーニバル
と、
捧げられた無言の交信
あつく根を砕き
柔らかく岩肌を濡らす
雨の助走から
零れる
目の前の景色の
まっさらな  嘘。




e0365964_17180525.jpeg



by soratokinokakera | 2018-09-09 17:19 | | Trackback | Comments(0)

人形の瞳


e0365964_11360649.jpeg




かわされていた
水際の目論見
漂着物の断層
失われた椅子の背もたれ
影の表と裏
溶けていく水母たちのゆらぎと
乾いた笑い声
故郷を忘れて 駆け上る
高層ビルの熱気
岩盤を揺り動かす
唇のモンタージュ
光速の消費
乾燥した食卓の上を
彷徨うアングル
みられることの喪失
みることの 消失
人形の瞳を染める




e0365964_11260451.jpg


by soratokinokakera | 2018-09-02 11:42 | | Trackback | Comments(0)

沈黙の鏡

e0365964_09580313.jpeg



あおは  どこまで
海に溶けて 空を染めるのか
透明な果実
低く 照射する
オレンジの朝

沈黙の瞼のうえで反転
夢の根に広がる
鉱物の温もり
溶けて行方知らずの
朽ちた夢は ゆっくりと
褪めた月色の肌に
母の唄を刻み込む

再生への底なしの作為を秘めて
風は波長を狂わす
言葉の音色を散らす真夏の花
みることの 崩落
腐り散る眼球の細胞
沈黙の鏡の中で
エス
語り始める


by soratokinokakera | 2018-09-02 09:58 | Trackback | Comments(0)